手の甲とクリーム

肌の老化のほとんどが光老化というもので、紫外線による影響を強く受けて、シミやしわ、たるみなどの肌の衰えが進んでいきます。
紫外線を浴びるとメラニンが作られてそれが色素沈着して、シミになってしまいます。
また、紫外線が肌の奥まで入り込んでしまうと、コラーゲンなどの肌のハリに重要な物質を壊してしまうため、しわやたるみが起きてしまいます。
これらを改善するのに有効なのがフラーレンです。
高い抗酸化作用を持っていて、ビタミンCの何と約170倍以上もの抗酸化作用を持っています。
紫外線により発生した活性酸素が細胞などを傷つけて酸化され、それによって肌老化が進んでしまうので、フラーレン配合の化粧品でそれを無効化することで、若返り効果を得ることができます。

エイジングケアにとても役立つと大注目を浴びている成分がEGFです。
EGFはたんぱく質の一種で、肌や唾液、母乳などに含まれている成分です。
上皮成長因子とも呼ばれていて、肌の表面の細胞を再生する働きを持っています。
医療現場でも皮膚再生の治療に用いられている物質で、火傷を負った皮膚を再生する治療などに使われています。
この成分が配合された化粧品も出ていて、肌自らの細胞の生まれ変わりをサポートするのに有効です。
加齢と共に肌のターンオーバーはどんどん遅くなってきて、細胞の入れ替わりが鈍化してしまい、しわやたるみが進行していきます。
EGFにはこれを活性化させる働きがあるため、ターンーバーを促進して様々な肌の悩みを改善するのに役立ちます。

肌は一定のサイクルで細胞の生まれ変わりが行なわれていて、肌の奥から徐々に肌細胞が表面に上がってきて、最後には角質として剥がれ落ちて役目を終えます。
この生まれてから剥がれ落ちるまでの一連のサイクルはターンオーバーと呼ばれていて、そのサイクルは一般的には28日となっています。
しかし、年齢を重ねてくるとこのターンオーバーの周期がどんどん遅くなってきて、50日や90日などの周期になってきます。
また、肌状態が悪くなることでもターンオーバーが乱れてしまい、しわやたるみ、シミなどの原因になってしまいます。
エイジングケアに必要なのは、このターンオーバーを正常化してあげることです。
遅れている周期が早まって正常になることで、肌細胞の入れ替わりが活発化してくれて、ハリや潤いのある肌になることができます

オススメリンク

ヘッドスパ

乾燥肌に最適なアイテム

エイジングケアとしてハリやツヤをキープするためのスキンケアアイテムと、乾燥肌のための化粧品は、実は成分が多少似ています。
年齢ともに保湿をキープできる成分が減少してしまい、結果として老化Read more

うつ伏せの女性

肌の保湿成分を補給する

年齢とともに肌に対しての悩み成分が多数存在しているといえます。
そのため、通常よりもしっかりとサポートできるタイプの肌悩みを解消するために、適切に活用する方法をマスターしておくことが重要Read more

銀のパウダー

成分ごとに特徴がある

様々なスキンケアに良いとされている成分が存在していますが、そればかりではなく、将来的にどんなものを使ったらいいのか、どんな成分がどんな形で活用できるのかをはっきりさせておくことで、より明確に使いRead more

化粧品と女性

使い分けをすることで肌が変わる

ハリを維持したい場合には、できる限りエイジングケアを行うための化粧品選びの方法として、きちんと使い続けられるタイプのものを選んでおきましょう。
たとえば、エイジングケアに最適といわれていRead more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031